買いたい人と売りたい人の取引成立=価格

物の価格はどう決まるか「需要」(欲しい人や量)と「供給」(売りたい人や量)のバランスです。これは仮想通貨も同じです。

例えば、無人島にお金しか持ってない複数人がいて、おにぎり1個売られるとしましょう。

おにぎりはすぐにmoonして100円どころか、相当な高値がつくでしょう。容易に想像がつきますね。これは食べると言う目的に裏付けされた需要が猛烈に高く、供給がとても少ないからです。

欲しい人が多いと少し高くても買いたいと思い注文値段を上げます。売る人は少しでも高く売りたいので同様に値段を引き上げますオークションを思い浮かべてくれればわかりやすいですね。

なぜそのような事が起きるか?それは「食べる」という「実需」が大きく影響しています。(無人島という仮定がなおさら)

無人島おにぎりの価格上昇:例

仮想通貨はおにぎりか、ダイヤモンドか

では仮想通貨はどうでしょう。買い物に使いたいですか?ガンガン国際送金するから買いますか?

答えは明白で、NOです。

つまり、まだ先ほどのおにぎりで例えた実需による価格上昇はしていないということです。 年末の高騰は何だったのか? 投機的需要です。 また無人島の例えでもしましょう

さっきの例えで、おにぎりのかわりにダイヤモンドが売られるとします。

価値はあるが「無人島から帰る」などの条件つきで今後の価値向上に期待して欲しい人がいるかもしれません。つまり今買っても腹の足しにもならないので「使えない」。実需がない状態。投機的需要ですね。これは仮想通貨の現状に近いです。

読めない本当の需要、不明な適正価格

ちなみにおにぎりはだいたい100円程度で買えますが、これは米、ノリ、包装、物流費…そうした物の原価の積み重ねに、需要と供給の交差点で適正価格が決まります。

仮想通貨は実需段階になく、また原価もマイニングコスト等はありますが、適正価格がわかりません。高すぎるのか安すぎるのか。それは「実需」段階になってようやく見えてくるものでしょう。

リップラーの口癖「実需」

話を本筋に戻すと。リップラーがいつも「実需が大事」と口にするのは、それが投資家として重要な価格上昇の「カギ」だからです。

そして実需の高まりと価格が上がることが相反しないというのが、私がXRPに投資する圧倒的理由です。実需が価格に与える影響はご理解頂けたと思いますが、XRPはその実需のターゲティングが明確かつ巨大なので期待する人が多いわけです。

また、仮想通貨の多くは「供給」に上限がある。おにぎり100個限定なら食べたらなくなるから、一個あたりの価値はより高まるでしょうね。上限があるというか事実上、供給が絞られるということです。ビットコインやXRPなども発行上限が設けられているので、似たようなものと言えます。

ここで仮想通貨はそれぞれの銘柄の価格が上がることが、人の欲しいという気持ち(実需)を削ぐかどうかが価格上昇にとってポイントになります。 これはその銘柄ごとの役割によって変わると思います。

正確な例えではありませんが国際送金を行うXRPを列車に、車両の大きさを価格に、お金を人を例えましょう。たくさんの人が移動したいという「実需」があった際、列車の箱が大きくなることは必然です。

しかも、その列車は世界一早い。目の前でレールを敷いているのを見ているからリップラーは胸張って投資してるわけです。そのあたりはまた詳しくはまた別の回に説明するかもしれません。

広告