※XPCエアドロ受け付けに際し、7/2に他のところで書いたものをこちらに移して再掲します

ツイッターでも公言していますが、私が買った銘柄別でいうとXPは特に、損失が大きくなってしまった仮想通貨です。というか跡形もなく投入額が消失したと言っても過言ではないでしょう。

XPは「Experience Points」の略で、日本語で言うと「経験値」。
ゲーム内での使用を狙った銘柄です。周りにもゲームで「強くなるために」課金し、ある意味、経験値やアイテムを買っている人は珍しくありませんでしたから、買った当初はそれなりに魅力的に感じました。

1060万枚、気持ちよくすべて売り払ったきっかけにXPについて、なぜ私の投入した投資額300万円は99.8%マイナス6万円になったか。少し語りましょう


【煽られ銘柄】

XPといえば、著名なインフルエンサー・イケハヤさんが着目し、急激に値を上げた銘柄としても知られています。

上場していたはコインエクスチェンジという取引所ですが、当時はあまりに価格が安いため、BTCから価格の安いDOGEコインにかえてから買う必要があったため、煩わしく思いました。そのため、まさに煽られ価格が上がっていた時には買いませんでした。

ではわざわざなぜその後、買ったのか。一言で言えば「欲」でしょう。
自分より安く買っている先輩方を超えて儲けるためには、草コインで勝負するしかないなんて思ってました。今思うと愚かですね。とはいえ理由がありました。


【露と消えたバイナンス上場】

ちょうど年末から年明けにかけて、今では取引量・世界随一として知られるバイナンス上場のための投票が行われていました。当時XPは0.3円。バイナンスでは1円以下の銘柄が軒並み上がり数円程度になっていましたから1円くらいには最低でもなると私は想像していました。

そして、投票の末、XPはXRB(現在のNANO)と競い、惜しくも2位で敗退。ただ、得票数は歴代2位。

過去の投票でも1位以外も上場するのが普通でしたから、XPのコミュニティの強さからすると需要もあり、上場は確実と思っていました。そのため、上場アナウンスの前に仕込んでおこうと買い込んだことが悪夢の始まりです。(私はこの際、同様にXRBも仕込んでおり、のちにこの行為もBitgrailのナノ消失事件へと物語は進みます)

確か、ですが。締め切りは1月頭。不幸にも仮想通貨市場の記録的高値が崩れ始めたタイミングでもありました。

ただ短期的には読み通り、上場投票結果発表に向けてグイっと価格が上がりましたが、私の甘かったところは、「二位では上場できない」という悲観売りが来ることをちゃんと読んでいなかったことです。

当時、情報を分析して、状況的に考えれば歴史的得票数を獲得したのでさほど悲観することでもなかったはずです。ここで私は「冷静な情報よりと誤った悲観」が市場に与える影響について痛感しました。


【傷を深めたナンピンと鋳造の誘惑】

「またすぐ上がる」という気持ちと「上場アナウンスは過去の事例からして一ヶ月以内に来るはず」という思いから、大量にナンピン。つまり売り抜けるどころか買い増しをしました。

そして300万円が本日の売却を持って99.8パーセントマイナスの6万円になりました。

その後売らなかったのはなぜか。

確かなプロダクトがあり、実際カフェで使えたり、買い物もできるので最悪1satで売れなくなろうがコーヒーくらいなら飲めると思った…なんてのは最近のことで。

一番は「鋳造」でした。つまりマイニングですね。買い増しした理由の一つでもあります。
1000万枚あると鋳造効率がよいというのが頭にありましたから。

価格が下がってもいつか上がる時に、枚数が自動でコツコツ、増えていくのは傷の癒しになるなと思いました。

初めて鋳造できた喜びは忘れません。枚数が増える楽しみを感じました。
すべて、もはや焼け石に水になりました。


【分裂、再出発への期待】

そんなXPですが、本当にコミュニティが活発です。ダボス会議の現場でも一部でXPが話題になってまーすというツイートを見かけました。認知度の高さ等からも実態のない草コインとは一線を画します。

売っても二束三文なので売るつもりはなかったのですが、なぜじゃあ売却の決断をしたか。

いずれ、損失を出して税金緩和しようとは思っていましたが、XPから分裂した「XPC」という新銘柄を作り、コインエクスチェンジに上場すると発表したからです。ディスコードの「XP-JP」コミュニティも日本のXPCの独自運営チームへと移行。

そしてXP所有者と同量のXPCを配布するというので、これはまさに地獄に垂らされた希望の糸と思いました。XPの価格もこれを受けて一時三倍近く跳ねました(当然すぐ戻りました)

活発な日本が抜けて残ったXPについてどうなるか知識、情報不足もあり、わかりません。

この市場からは資金が抜けていっていますが、返ってくるとき、選ばれる銘柄は生き残り。
選ばれない銘柄は淘汰される。

まさに猛烈な痛みを持って様々な「経験値」をくれたXP。日本最大級のコミュニティを背負ったXPCに期待したいところです。