価格連動と基軸通貨

年始から続く下落相場の中、仮想投資に関わる多くの人が思う疑問「どうして(推し銘柄に)いいニュースが続いているのに値段が上がらないの?」に答えます。

以前書いた記事「仮想通貨の価格はどう決まる?」で仮想通貨の価格がどう決まるかというメカニズムについて触れましたが、なぜ価格が上がってニュースいいに反して価格が下がるのか、その答えは・・・

ポイントアルトコインが「ビットコイン(BTC)に価格連動している」からです。

じゃあ、どうしてリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)など他の仮想通貨もビットコイン(BYC)に価格連動しているのか。一言でいえば、ビットコインが仮想通貨界の「基軸通貨」だからです。

これを知るだけで、価格の上下がビットコイン連動によるものか、またその銘柄自身に関わる出来事によるものなので冷静に見ることができると思います。順を追って説明していきましょう。

「基軸通貨」としてのBTCとは

まず、そもそも「基軸通貨」とはなんでしょうか。それは他の銘柄を買うのに必要な中心的な存在と言えば概ね間違いないでしょう。

日本国内では、円でリップル(XRP)やビットコインキャッシュ(BCH)などアルトコインを買うことができます。ただ、国や銘柄によってはそれができません。

なので

ポイント流動性の高い基軸通貨「BTC」さえ持っていれば他のいろんなコインが買える便利さがあります

※流動性についても過去記事参照

世界初のブロックチェーン技術をいかして誕生したビットコインは仮想通貨のトップランナー。そうしたこともあり、多くの取引所がBTCを基軸通貨としています。

リップル(XRP)基軸の取引所も増えており、この動きは今後の価格形成に大きく関わってきます。その意味を理解するためにもまず「基軸」というものがどういうシステム、影響なのかを頭に入れましょう。

振り回されるアルトのホントの実力

さて、イラストを見てください。大事なポイントは、逆に言うととあるアルトコインを買うためには、BTCを買う必要があるということです

基軸通貨

仮想通貨界の「基軸通貨」というだけでかなり大きな需要がそこにはあります。※ここでも需要と価格については過去記事参照。需要があると言うことは「価格が上がるということでもあります」。

これが何を引き起こしているか。

現状、結果的にはですが、BTCの価格上昇を経て、アルトの価格が上がるという流れを生んでいます。アルトを買うためにBTCを買うという流れがあるからです。

この状況の時、逆にBTCの価格が下落した場合、損失を防ぐために売って、日本円やドル、または価格が安定しているテザーに「避難」しますよね

※FXでは空売り・ショートがありますが、BTCの価格がなぜ乱高下するかはまた説明します

何が起こるか。さっき説明した逆のことが起こります。順を追って見てみましょう。

下落が下落を呼ぶ

①BTCの価格が下落。損失を防ぐために持っている銘柄を法定通貨にしたい

②法定通貨にできないアルトコインは売って、いったんBTCにする

③BTCを円やドルなど価格の安定したものにして損失を防ぐ

つまり基軸であるBTCの価格が下落すれば、基本的には真っ先にアルトコインの下落が起こりやすい仕組みということです。

ちなみにBTCが強い時には、よくツイッターでは「ドレイン」などと言われていますが、アルトを売ってBTCを買うという現象も珍しいモノではありません。

価格変動の大きいBTCがほとんどの取引所で基軸通貨に採用され、売買されている以上、アルトの実力に関わらず、大きく「価格連動」してしまうのが現状です。


BTC建て価格の持つ意味

国内では法定通貨で買える銘柄が多いので、円でいくらかという値段を見がちです。ただ、こうしたBTC基軸の中、アルトコインの実力を見る一つの指標が「BTC建」の価格です。

BTC建の単位は通常「satoshi」(0.00000001 BTC)で表記され、●●satという風に略されます。

img_9967

画像はコインチェックで見た、リップル(XRP)のBTC建価格です。8/20日現在、5286satです。

海外取引所など、法定通貨で買えない銘柄はもともとBTC建の表記ですが。

【BTCの価格が落ちている時に、アルトのBTC建の価格が大きく上がっている場合】
先ほど説明したようなBTCの価格下落に伴う資金の抜き方をされておらず「強い」。アルト本来の評価等で価格が上昇している。

【BTCの価格が上がっている時にアルトのBTC建の価格が下がっていない場合】
価格の上がるBTCへの乗り換え「ドレイン」が起こっておらず、これもアルトが「強い」と評価できる。

などなど

基軸通貨は今度どうなる

さて今後もビットコイン(BTC)が基軸通貨として、君臨し続けるのでしょうか。

そうであれば、投機的な値動きの大きいBTCに価格連動し、アルトコインもなかなか正当な評価が価格に反映されづらい状態が続くでしょう。

基軸通貨に求められるのは流動性などもありますが、送金速度も今後重視されるようになると考えられます。

既にBCH記事を取り入れたCoinEx(詳しくはこちら)が登場した他、XRP基軸採用の取引所が増えています。

基軸通貨になるということは、既に説明した通り「他のコインを買うために買う」という需要が出る=価格上昇要因が生じます。

BTC基軸による価格連動からはずれるには、「BTCに代わって基軸通貨になる」他に、「法定通貨とのペアになる」があります。

こうした出来事が続くと、良いニュースに価格がより反映されるようになっていくでしょう。

広告